東京在住の方必見!オール電化プランで夜間の電気料金が安いプランはここ!

東京在住の方限定で現在、東京電力EPのスマートライフを使っている方に朗報です!

オール電化プランでさらに電気料金が安いおすすめプランが「HISでんき」から出たのでその口コミとプランについて紹介します。

 

その電力会社はHISでんきの「ぜんぶでんき東京」です。

「ぜんぶでんき東京」とは

「ぜんぶでんき東京」とは

東京電力エリアで使えるオール電化住宅にお住まいの方のプランです。
エコキュートなどの夜間蓄熱式機器をご使用のお客さまで、キッチンや空調も電気の方におすすめです。
東京電力EPのスマートライフSをご利用の方は、「ぜんぶでんき30~60 東京」

東京電力EPのスマートライフLをご利用の方は、「ぜんぶでんき 東京」が適応になり以下の金額安くなります。

オール電化プランの夜間料金5%OFF!

さらに電気料金から55円引き。

 

「ぜんぶでんき30・40・50・60」と「ぜんぶでんき 東京」の違い

 

ぜんぶでんきの後ろについている30・40・50・60はアンペア契約の数値です。

 

ぜんぶでんき30の場合は30A

ぜんぶでんき40の場合は40A

ぜんぶでんき50の場合は50A

ぜんぶでんき60の場合は60A

ぜんぶでんき 東京の場合は7kVA以上の場合です。

 

ぜんぶでんきとスマートライフの基本料金の比較

料金分類 東京電力EPスマートライフ
2020年3月の単価
ぜんぶでんき東京
基本料金 単位/1契約 単位/1契約
ぜんぶでんき30
30A
858円 858円
ぜんぶでんき40
40A
1,144円 1,144円
ぜんぶでんき50
50A
1,430円 1,430円
ぜんぶでんき60
60A
1,716円 1,716円
7kVA
※1kVAにつき
2002円
(=286*7
)
2002円
(=286*7
)

基本料金に関しては、「東京電力EPスマートライフ」と「ぜんぶでんき東京」は同じ金額です。

 

ぜんぶでんきの従量料金

従量料金はアンペアに関わらず一緒です。

従量料金は夜間にめちゃくちゃ安くなります一緒です。

 

従量料金 東京電力EPスマートライフ
2020年7月の単価
ぜんぶでんき東京
単位/1kWh
昼間時間 夏季  :39円44銭

その他季:32円32銭

夏季  :35円50銭

その他季:29円09銭

朝晩時間 26円49銭 23円84銭
夜間時間 12円48銭 12円48銭

従量料金に関しては、東京電力EPスマートライフと比べるとぜんぶでんきのほうが約8%ほど安い結果となっています。

なのでオール電化で電気代を節約したい人は、HISでんきのぜんぶでんきがおすすめになります。

HISでんき(ぜんぶでんき)の口コミ

HISでんき(ぜんぶでんき)の口コミ

 

手続き5分で、ずっと5%OFF
「たのしいでんき」に切り替えするのに、これまでの電気会社の請求書を見ながら入力するだけで、電気が止まったりする事もなく5%OFFになるので、とってもカンタンでおトクです。
(東京/2人暮らし/男性)
お客さま対応にも満足
切り替えをして電気料金が安くなり、とても満足しています!困ることもなく、手間がかかるわけでもなく、電気料金が安くなって嬉しい限りです。こちらの不注意で、支払いに指定したカードの期限が切れていることに気づかず、料金が未払いになってしまった時も、メールでお知らせしてくださり、すぐに振り込むことができました。お客さま対応にも満足です。
(東京/家族5人暮らし/男性)

 

まとめ~【口コミ】新しくなったぜんぶでんき東京のオール電化プランとは?~

 

東京で、オール電化対応プランのお得なプランを探している方は、HISでんきのぜんぶでんきがおすすめでした。

夜間にも電気を使うひとだけでなく、通常より55円安くなります。

少しでも電気料金を安くしたい人はおすすめです。

おすすめの記事