中部電力エリアのひとり暮らしにおすすめの安い新電力会社ランキング|2022年最新

中部電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プランを紹介します。

今回は中部地域のひとり暮らしの平均電気量が約200kWhなので
100kWhと200kWhと300kWhの3つの電気量で安いプランをご紹介します

中部電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プランで最安値ランキングTOP5

30A 100kWhの場合

順位新電力会社プラン名価格
1位おてがるでんきファミリープラン おてがる光セット割2600円
2位おてがるでんきファミリープラン2640円
3位Japan電力くらしプラン2700円
4位ソフトバンクでんき自然でんき2750円
5位Oneでんきスタンダードプラン2850円

30A 200kWhの場合

順位新電力会社プラン名価格
1位おてがるでんきファミリープラン
おてがる光セット割
5200円
2位ドコモでんきBasic(3%ポイント還元)5260円
3位エネワンでんきエネワンBプラン5268円
4位おてがるでんきファミリープラン5198円
5位オクトパスエナジーグリーンオクトパス5200円

30A 300kWhの場合

順位新電力会社プラン名価格
1位ドコモでんきGreen(10%ポイント還元)7627円
2位エネワンでんきエネワンBプラン7666円
3位TOKAI都市&でんきTOKAIでんきS7734円
4位ドコモでんきBasic(3%ポイント還元)7735円
5位オクトパスエナジーグリーンオクトパス7746円

中部電力エリアのひとり暮らしにおすすめは『おてがるでんき』か『ドコモでんき』か『オクトパスエナジー』

電気をあまり使わない人なら『おてがるでんき
電気を平均的に利用されたりそれ以上使う方は『おてがるでんき』
電気をたくさん『ドコモでんき』
がオススメです。

『おてがるでんき』とは

基本料金ずっと0円!電力量料金は一律ととてもシンプルなプランです。
インターネット回線と一緒にお申し込みするとかなり安く利用することが可能です。

基本料金
中部の場合
0円
1kWhあたりの従量料金
中部の場合
26.4円
対応エリア全国
(離島を除く)
ガスのセット割引なし
スマホのセット割引なし
オール電化対応なし
違約金3,300円
(1年未満の解約)
申し込み窓口公式サイト

『ドコモでんき』とは

ドコモでんきは2022年6月に契約件数が20万件に達しておいる人気電力です。
アンペア数が低めのひとり暮らしなら電気料金は最安値になりやすいのでおすすめです。
さらにドコモユーザー方で対象プランに入ってる人なら更にお得になる場合があります。

基本料金
中部の場合
20A:572円
30A:858円
40A:1144円
50A:1430円
60A:1716円
1kWhあたりの従量料金
中部の場合
~120kWh:21.04円
121kWh〜300kWh:25.51円
301kWh〜:28.46円
対応エリア全国エリア
(離島を除く)
ガスのセット割引なし
スマホのセット割引ギガホ・ギガライト・ahamoなら割引率3%
オール電化対応なし
違約金0円
申し込み窓口公式サイト

電気をあまり使わない人におすすめ

ドコモユーザーにおすすめ

Japan電力・オクトパスエナジーにお申し込みするなら


おすすめの記事